• 一番町
  • 和食エトセトラ

酒ますます 味噌学商店

8種の味噌を使い分け 日本人の舌に合う味を提供

馴染みの深い調味料でも、産地が変われば味は異なるもの。そんな楽しみを体感できるのは、8種類の味噌を使用している『味噌学商店』。酒の肴からご飯のお供まで、メニューは味噌ベースのものが中心だ。名古屋の八丁味噌を使った「米茄子の味噌田楽」は、水気を多く含んだ茄子の歯ごたえと八丁味噌の甘みが相性抜群のひと品。素材に合わせて味噌を使い分ける店主の技を味わいたい。

酒ますます 味噌学商店(みそがくしょうてん)

電話番号 022-796-7065
住所 仙台市青葉区一番町4-3-22
センタービルB1F
アクセス 地下鉄広瀬通駅より徒歩5分
営業時間 16:00~24:00(ラストオーダー23:15)
定休日 月曜
駐車場 なし
席数 27席
予約
カード 利用不可
子供連れ
煙草喫煙 喫煙可
平均予算 4,000円
お店への応援クチコミするとマチコインが10枚!
周辺のお店

100数種のシングルモルトをはじめスタンダードカクテル、シャンパンなどがグラス…
青葉区中央で40年以上愛されてきたとんかつ店『まつを』。一番町へ移転後も不動の…

 「音楽もコーヒーも昔から大好きなものです」と話す店主・伊藤さんが、2013年…
 「本格的な和食を、気軽に楽しんで欲しい」という想いで提供する心づくしの料理の…