新時代は新しいスタイル「つけ蕎麦」で!新店『蕎麦 令和』 の一押し実食レポート
蕎麦 令和

2019年5月1日の新時代と共にオープンした「蕎麦 令和」。一押しメニューは「令和つけ蕎麦」(880円)。ラー油を入れた冷たいつけ汁で食べる「豚つけ蕎麦」と鶏油を入れた温かいつけ汁の「鶏つけ蕎麦」2種のセットです。どちらも濃厚なつけ汁なので、お好みで生卵を溶いてまろやかに。最後は、旨味たっぷりのつけ汁を蕎麦湯で割っていただきます。東京を中心にサラリーマンに人気となった新しいスタイルの「つけ蕎麦」を食べに行こう!

自分好みにカスタマイズ!「味変」を楽しもう。

テーブルに並ぶのは、魚粉、一味、七味、ラー油、そして壺に入った天かす。蕎麦のトッピングはワサビとネギという常識を覆すラインナップです。
ラーメンのカスタマイズは慣れ親しんだものですが、蕎麦のカスタマイズは初体験!今回は、生卵でまろやかになったつけ汁に、天かすをトッピングして食感をプラスしてみました。
何度も新しい味を作り出すことができる「味変」。これも新しいスタイル「つけ蕎麦」の楽しい特徴です。

蕎麦 令和

たっぷりの海苔をかきわけると豚肉登場!「もり蕎麦」で満たされない方は「豚つけ蕎麦」がおすすめ。

ランチにサラッと食べられる「もり蕎麦」や「かけ蕎麦」も蕎麦の魅力。しかし、もっとボリュームが欲しくてかき揚げをトッピングしがちな編集部。そんな食欲満点な方におすすすめなのが、豚肉がたっぷりのった「豚つけ蕎麦」。一押しメニュー「令和つけ蕎麦」は、さらに「鶏つけ蕎麦」も食べられるのでお腹が満たされること間違いなし。

蕎麦 令和
 
蕎麦 令和

利府街道沿いにある「蕎麦 令和」。東仙台駅から約1km。写真の看板が目印です。木のぬくもりを感じる店内の席数は40席。座敷とテーブル席に分かれています。
今回おすすめした「つけ蕎麦」の他、山形生まれの「肉そば」と「鶏中華」も提供。親鳥を使うなど、こちらも試行錯誤して作り上げられた一品です。

蕎麦 令和
(店長さんより一言)5/1のオープン日は、お陰様で午後3時には完売となり、たくさんのお客様にお越しいただきました。東北・仙台では、まだ馴染みの薄い「つけ蕎麦」ですが、令和という新時代に“新しい蕎麦”の魅力を知っていただければ幸いです。
 

蕎麦 令和

住所 宮城県仙台市宮城野区小鶴2-1-1
電話番号 022-355-0004
アクセス JR東仙台駅より徒歩15分
営業時間 月・火・木・金 11:00~15:00/土・日・祝11:00~21:00 (売り切れ終了)
定休日 水曜