2018年07月11日
今、最高にかっこいいバンド!Nulbarichボーカル・シンガーソングライターJQさんにインタビュー
machico的・気になるパーソン
machico的・気になるパーソン
Nulbarich interview

 2018年4月28日、宮城県川崎町で開催されたARABAKI ROCK FES.18(以下、アラバキ)のHATAHATAステージに登場したのは、ファンク、アシッド・ジャズなどのブラックミュージックをベースに、ポップス、ロックなどにもインスパイアされたサウンドで唯一無二のグルーヴを奏でるバンド・Nulbarich(以下、ナルバリッチ)。シンガーソングライターのJQさんがプロデューサーとボーカルを務め、バンドメンバーを固定せずにスタイルやシチュエーションなどに応じたベストなサウンドを創り出しています。
 これまでに楽天カードapple payやHondaなど有名企業のCMソングに抜擢されたほか、今年に入ってからは資生堂「アネッサ」のCMソングとして疾走感あふれる一曲「Kiss You Back」を発表。昨年に引き続き、今年も多数の大型フェスに出演が決定しており、今音楽業界の中で最も熱い注目を受けるバンドの1つです。
 彼らがアラバキのステージに立つと、白髪交じりの男性がビールを片手に身体を揺らす姿や小さな子どもたちが楽しそうに踊る光景が目に留まりました。年代を問わず、聴く人誰をも魅了する音楽はどのようにして生み出されているのか、マチコ編集部がステージ終了後のJQさんにインタビューさせていただきました!

 

●音楽活動を始めたきっかけは?

 音楽に興味を持ったのは、習い事で始めたピアノがきっかけでした。そこから吹奏楽部、バンドという風に流れていったのですが、その当時は「音楽で夢を!」みたいな考えは全くありませんでした。その後作曲家として転換していくうちに“人に歌ってもらうものを作る難しさ”に直面して、「僕だったらこう歌う」という気持ちが芽生えて、「いずれ自分のバンドができたらいいな」と思うようになっていったんです。

ARABAKIライブ
【© 2018 ARABAKI PROJECT】

 

●ではその後、どのようにしてナルバリッチを結成されたのですか?

 作曲活動の中で知り合った音楽仲間たちとお酒を飲んでいる時に、「いつかおじいちゃんになったら小さいハコでバンドやろうね」なんて話をよくしてたんです。それがあるタイミングで「今じゃない?」ということになり、2016年にナルバリッチを結成しました。バンドメンバーは1セクション2人ずつくらいいます。ステージのサイズ感やそこで求められているだろうサウンド感に合わせて、演奏するメンバーを皆で話し合って決めていますね。

●メンバーを公表していないのはどうしてですか?

 先入観なしで音楽を聴いてもらいたいからです。実際には、アーティスト写真が間に合わなかったという理由もあったんですけどね(笑)。まあそれも結果オーライで、先入観なしでみんなが僕たちの音楽を聴いて「いいね」って言ってくれたので、それはとてもうれしかったです。
 顔を出していない分、バンドメンバーたちは何にも縛られずに自由に音楽ができています。本当にありがたいです。プロミュージシャンとしての意識がもう少しあってもいいかなと思うこともありますが(笑)、このゆるさが僕たちの音楽にいい影響を与えていると感じる部分もあります。

JQ interview

 僕たちは学生時代から同じ音楽をやってきた仲間ではないので、それぞれ好きな音楽やクセが違います。だからメンバーが1人変わるだけでバンドとしての音がかなり変わってしまうんです。僕が歌いづらいくらい(笑)。そういう点でいうと、僕たちの演奏はいつもセッションに近いですね。その場その場でしか生み出せないサウンドが、ナルバリッチの面白いところだと思います。

●今年春にリリースされたAlbum『H.O.T』の中から、マチコ読者におすすめしたい楽曲を教えてください。

 個人的には「Zero Gravity」と「ain't on the map yet」です。若い人ももちろんですが、30代以上の大人の方でも身体が自然と動くようなリズム感があって、強制的なノリがないからよいかなと。昔ディスコに通っていた方とか、ソウル・ファンクが好きな方なら特に楽しく聴いていただけると思います。今日のライブでもそれをすごく感じました。みんなそれぞれのリズムで身体を揺らして盛り上がってくれたので、僕たち自身もすごく楽しかったです。

ain't on the map yet
「ain't on the map yet」MV
 

●ナルバリッチの楽曲制作も担当されているJQさんですが、どのような時にメロディーや歌詞が思い浮かぶのですか?

 ありきたりですが、お風呂に入っている時が多いです。防水携帯を持っていないので、少し前までは「これだ!」っていうメロディーが思いついてもお風呂から上がった時には忘れちゃって大変だったんですけど、今は事前に準備して録音しながら湯船に浸かるようにしています。僕、半身浴が大好きなんですよ。お風呂の中で本を読むことも多いので、インスピレーションが湧いた時にはちゃんとメモで残しておくようにしています。
 あとは、帰り道。スタジオからとかみんなで飲んだ後とか…。1日の終わりに少し寂しさを感じるような時ですね。夕日をみると勝手に謝りたくなる感じ(笑)。僕は朝出かけるときに「頑張ろう」と思うより、帰り道に「今日もいろいろあったけど明日も頑張ろう」と感じるタイプなので、そういう時が一番感情があふれてきます。

JQ interview

 

●メガネブランド「Zoff(ゾフ)」のモデルも務められ、ファッションアイコンとしても注目されていますが、ファッションのこだわりはありますか?

 「自分には似合わないかも…」と思うものにあえて挑戦するようにしています。「自分には無理だ」と思ってもまずは着てみて、馴染むまで待ちます。そうすることで新しい自分を発見できるし、自分を磨くことができるからです。音楽でもそのスタイルは同じです。新しいモノやコトにトライする方が脳みそもジュワっとうるおってくるので。「ちょっと無理をする」が座右の名です。とはいっても、無理をする部分と無理をしない部分のバランス感は大切にしています。僕たちが肩肘張らずに活動できている秘訣は、そのバランス感にあるのかも。

●最後に、読者のみなさんへメッセージをお願いします。

 今日のステージを通して、東北は盛り上がっているなぁと改めて感じました。僕たちの曲を聴いてくれる人をもっともっと増やして大きくなっていきたいと思います。今より頻繁に東北に来られるように頑張りますので、ぜひライブに足を運んでください。

ARABAKIライブ
【© 2018 ARABAKI PROJECT】

 

―――――――――――
 

Nulbarichという名前は、
Null (ゼロ、形なく限りなく無の状態)
but (しかし)
Rich (裕福、満たされている)
から作られた造語で、形の無いもの(SOUL、思いやりや優しさ含めた全ての愛、思想、行動、感情)で満たされているという意味が込められています。
このバンド名の通り、彼らは実在の形がはっきりと見えない謎めいた存在感を放っていますが、楽曲やライブパフォーマンスは誰もが認めざるを得ない確かな実力と音楽を楽しむ純粋な心で満たされています。
今までに聴いたことがないようなメロディーとリズム感。だけどなぜかとても心地よい。そしてとにかくかっこいい。それがナルバリッチの音楽です。さぁあなたも肩の力を抜いて、彼らの音楽に身を任せてみてください。

 

アルバム情報

2nd Album『H.O.T(初回限定盤 & 通常盤)』発売中

初回限定盤
(初回限定盤 CD+CD 3,500円+税)

通常盤
(通常盤 2,800円+税)


【Tracklist】
1. H.O.T (Intro)
2. It's Who We Are
3. Almost There
4. Zero Gravity
5. Handcuffed
6. In Your Pocket
7. See You Later (Interlude)
8. Supernova
9. ain't on the map yet
10. Follow Me
11. Spellbound
12. Construction (Interlude)
13. Heart Like a Pool

※初回限定盤付属Bonus CDには、初のワンマンツアー【Nulbarich 1st ONE MAN Tour】のファイナル、東京 LIQUIDROOM(12/13)よりライブ音源8曲収録。
 

Nulbarich official site

形はなくても、あなたの心を満たしてくれるモノって何?Nulbarichについてもっと知りたいと感じたことも教えて!

コメントを投稿してくれた方の中から抽選で、マチコイン100枚を5名様にプレゼント!

【応募締切】2018年8月7日(火)
【当選発表】メール送信をもって発表とかえさせていただきます。