• 本町
  • 和菓子

和菓子 まめいち

京都の技を仙台で昇華した女性職人が紡ぐ和の心

 店主の幾世橋陽子さんが生み出す、繊細かつ作り手の想いに満ちあふれた和菓子は、乙女心を掴んで離さない愛らしいものばかりだ。京都の老舗和菓子店『有職菓子御調進所老松』で修業した後仙台へと舞い戻り、イベント販売から始まった『まめいち』が店舗を構えて1年。オープン時に、「“仙台に『まめいち』あり!”って言われたいです」と話していた幾世橋さんは昨年の京菓子展で見事大賞を受賞した。そんな有言実行の彼女が作る月替りの上生菓子は、季節の和菓子が1種類と、テーマを決めて作る創作和菓子が2種類の計3種類。2月のテーマは日本人で初めてチョコレートを食べたと言われる支倉常長だ。「歴史からテーマのインスピレーションを受けることが多いんです。『威風堂々』は、ローマを訪れた際に主君・伊達政宗から贈られたという衣装を、『DonPhilippoFransico』は、法王に謁見して洗礼名を賜った時の肖像画で描かれた漆黒の衣装をイメージしました」と話す。フォルムのイメージや割った時の驚き、食べた味の奥ゆかしさなど、一つの和菓子に込められたたくさんの想いを受け取ってほしい。

和菓子 まめいち(まめいち)

電話番号 022-302-4720
住所 仙台市青葉区本町2-19-9
クリスタルパレス本町ビル東側2F
アクセス 地下鉄南北線勾当台公園駅より徒歩5分
営業時間 10:00~18:00
定休日 水・木曜
駐車場 なし
席数 12席
予約 不可
カード 利用不可
煙草喫煙 禁煙
平均予算 1,000円
URL
お店への応援クチコミするとマチコインが10枚!
周辺のお店

四季折々の旬の素材をいかした串焼き料理が楽しめる。人気の焼きとり以外にも、豚バ…
 「ワインをもっと気軽に。そしてこのお店をきっかけにお客さんの世界が広がれば」…

宮城県内で採れた食材を使ったフランス料理を味わえるこちら。料理にぴったりな上質…
長年ホテルで働いていたシェフが手がけるフレンチなど、本格的なメニューがリーズナ…