2020年05月02日
【machicoレポート】車に乗ったまま、密集なく安心してお買い物。
新鮮野菜・鮮魚が買える「茂庭286ドライブスルー市場」がオープン!

車に乗ったまま、新鮮野菜や鮮魚のセット、できたてのお弁当やお惣菜が買えるドライブスルー市場が、2020年4月30日(木)、国道286号茂庭交差点沿い、仙台市太白区茂庭のしゃぶしゃぶ店『かもぎゅうとん』の敷地を利用して営業をスタートしました。
仕掛けるのは、仙台市内を中心に飲食店『天海のろばた』『津田鮮魚店』などを運営する(株)スタイルグループを中心とした、生産者や卸業者・加工業者の連携チーム。
新型コロナウィルスの影響で、日常の買い物シーンでも3密を避けることが求められる今、machico編集部は、買い物の新たなスタイルを提案するドライブスルー市場を取材しました。

 

買い物の仕方はかんたん

車で現地を訪れたら、ドライブスルー市場の入口でその日の商品メニューをもらってチェック。野菜セット(S・M・L)、鮮魚セット(S・M・L)、お弁当、お惣菜など、ほしい商品を注文すると、スタッフが指定の商品を車まで運んでくれます。
お弁当を注文した場合は、お会計コーナーに進んでお会計をしている間にお弁当が調理され、できたてを車で受け取ることができます。
感染予防のためキャッシュレス決済ができるのもうれしいポイントです。
(スタートしたばかりの事業のため、利用の流れは変更になる場合があります。)

 

良質の食材をおトクなセットで購入できる

商品は飲食店専門の生産者や業者が取り扱う良質なものばかり。お店の料理になるはずだった食材を、おトクな価格で購入できるのが魅力です。定番食材から仕入れの状況次第で変わる旬の食材まで、訪れる日によっていろいろな食材ラインナップを手に入れることができそう。

 

若手生産者と共に実現した「特上 三陸のり弁」

外食産業が営むからこそ実現できたのが、こだわりのお弁当の数々。震災時からつながりのある生産者と協力し、開発された「特上 三陸のり弁」(税込750円)が買えるのもここでだけ。
宮城県角田市のお米クリエイター佐藤さんがつくった身体にやさしいお米、特許を取得したクセがなくやさしい味わいが自慢、白石蔵王 竹鶏ファームの卵「竹鶏物語」の卵焼き、十三浜のワカメ漁師阿部さんが提供する海苔、そこに金華サバや伊達の銀鮭が加わって・・・。これは味わわない手はありません。ごはん大盛無料はうれしい限り。
その他にものり弁(税込500円)、森林鶏のヘルシーバンバンジー弁当(税込550円)、三陸カキフライ弁当(税込750円)などラインナップが豊富です。さらに人気の飲食店『ゴリラ食堂』の名物唐揚げも販売されていました。

 

買い物、そして飲食店の未来を描き続ける


突貫でつくったという、こちらの手作り看板が目印!

飲食店が休業を余儀なくされている今、その影響は、お店はもとより外食に特化した卸業者や加工業者、生産者にも及んでいます。そんな状況下で、今できることを、と立ち上がったのが(株)スタイルグループの代表取締役 佐々木浩史さんでした。震災以来つながりを育んできた業者や生産者と共に、売り上げを取り戻すことはできないかと考えたどり着いたのが、このドライブスルー市場。やろうと思いたったのが、なんとオープンの10日前。そこから急ピッチで準備を進め、4月30日のオープンにこぎつけたと言います。
「行動にスピードが問われる時だと思います。だからとにもかくにもオープンして、営業しながら試行錯誤し、よりよくしていきたい」と佐々木社長。
本当は少しでも飲食店を営業したい、料理を作って提供したい。そんな思いから、外食産業だからこそできるお弁当や、おつまみとお酒のセットなどお総菜販売の充実を構想中。「いずれ状況が落ち着いてきたら、お客様がそれぞれのスタイルで、買い物やお店での飲食を楽しめる場所を提供していきたい」。佐々木社長の描く、こんな状況を経たからこそ見えてきた未来の可能性に、私たちもわくわく、元気をもらうことができました。

ぜひみなさんも、お買い物に行ってみてはいかがでしょうか?
いつもとちがうお買い物体験が、いい気分転換にもなるはずですよ!

茂庭286ドライブスルー市場

TEL 022-738-8983
住所 仙台市太白区茂庭新熊野48-1
営業時間 10:00~18:00
定休日 不定休

新型コロナウィルスの影響を受けてはじまった施策で、あなたがいいなと思ったものがあったらおしえて!番組でもあそび企画でも商品でもなんでもOK!

コメントを投稿してくれた方の中から抽選で、マチコイン100枚を5名様にプレゼント!

【応募締切】2020年6月1日(月)
【当選発表】メール送信をもって発表とかえさせていただきます。