2019年11月25日
魅力ある東北の商品を、「デザインの力」でさらに愛される商品へ。
「おいしい東北パッケージデザイン展2019」「おいしいを一緒につくるデザインコンペ2019」開催
おいしい東北パッケージデザイン展2019/おいしいを一緒につくるデザインコンペ2019

東北にはまだまだ、あまり有名ではないけれど、魅力的な商品がたくさんあります。
その魅力を伝え、多くの方の興味を引いたり、手に取ってもらうのに、パッケージデザインはとても重要な役割を果たします。

今回開催される「おいしい東北パッケージデザイン展2019」では、東北の8商材を対象に、全国のデザイナーから新パッケージデザイン案を公募。著名なデザイナーの審査を経て選ばれた受賞・入選作品、約200点が展示されます。そのほか、デザイナーと企業がタッグを組んで、パッケージのリニューアルに取り組む「おいしいを一緒につくるデザインコンペ2019」で優秀賞を受賞した商品パッケージの展示もあります。

machicoでは今回、グランプリや優秀賞、学生優秀賞など、受賞作の一部をご紹介。
デザインの力で、魅力アップした商品の数々に触れ、デザインの力を感じに、ぜひ会場に出かけてみてください。

 

展示会(入場無料・申込不要)

■日時 2019年12月6日(金)~11日(水) 10:00~18:00(最終日は16:00まで)
■会場 せんだいメディアテーク 5Fギャラリー

 

おいしい東北パッケージデザイン展2019

対象の8商品に対して、全国のデザイナーから新パッケージデザインを募集。グランプリ・優秀賞、その他が決定しました。

 

グランプリ・優秀賞(山形県知事賞)

純米吟醸 豊国 千代寿イメージ

 コンセプト 
山形県の月山から流れる水に拘り作ったお酒である事を「月」「山」「水」「盃」の家紋をモチーフにストレートに表現。
日本語を読めない海外の人にも商品背景が伝わるデザインに。思わずインスタグラムに投稿したくなるような、女性にも好まれるスタイリッシュさと日本らしさ、そして水や米に拘った商品の背景を表現しています。

受賞者:清水 千春(株式会社博報堂)
商材:純米吟醸 豊国 千代寿|【山形県寒河江市】千代寿虎屋株式会社

 

優秀賞

優秀賞1〜4イメージ

 

1.優秀賞(東北経済産業局長賞)

 コンセプト 
「杜の麺工房」のシンボルを眼帯に見立て、仙台の象徴でもある伊達政宗をうっすらと浮かび上がらせました。
ピローケースの湾曲を活かし、前立に。シャイで恥ずかしがり屋の人が多い仙台人の気質らしく、さり気なく、控えめに仙台をPR。シックな趣のカラーリングと質感、歴史や伝統の感じられる字体で、やきそば業界に鮮烈な印象を与えます。

受賞者:小野 貴人(株式会社高速)
商材:杜の麺工房 仙台発仙臺みそやきそば|【宮城県遠田郡涌谷町】株式会社菅野食品

 

 

2.優秀賞(東北経済産業局長賞)

 コンセプト 
そばの花を中心に、アナログ技法で素朴さを活かしたデザインに。
色味とイラストのタッチにこだわり、少しレトロチックな雰囲気になるようこだわりました。また、あしらいには将棋の駒を意識したものや、麺の喉越しを表したものでバランスをとりました。

受賞者:池田 愛(盛岡情報ビジネス専門学)
商材:王将そば|【山形県天童市】有限会社天童製麺

 

 

3.優秀賞(東北農政局長賞)

 コンセプト 
菊芋になじみがない人にも菊芋を認識してもらえるよう、真ん中に大きく菊芋のイラストを配置。
水彩の柔らかい雰囲気があたたかさや、懐かしさを演出。菊芋の説明も入れることで、他の人にも勧めやすい商品に。シンプルながらも、昔懐かしいイメージを残すことで、若者から年配の方にも手にとってもらいやすいパッケージを作りました。

受賞者:小竹 葉月(株式会社ティーピーパック)
商材:焙煎菊いも茶|【福島県東白川郡塙町】有限会社ケーフーズ生田目

 

 

4.優秀賞(青森県知事賞)

 コンセプト 
企業名の山神という名前が、神々しくとても素敵だなと思いました。
そのため、ほたての味、品質の高さを表現するため、企業名と、自然の神のめぐみという意味から「神ほたて」と名付けました。ほたての品質の高さ、価格に合った顔つきにするため、色は特色の金色に。裏面には、ほたての生育環境の説明と、ほたてを使ったレシピを紹介します。

受賞者:主濱 景子(川口印刷工業株式会社)
商材:ほたての正直|【青森県青森市】株式会社山神

 

優秀賞5〜7イメージ

 

5.優秀賞(宮城県知事賞)

 コンセプト 
販売シーンを想定し、他社との差別化を図りつつも高級感あるパッケージに。
材質感あるザラッとしたボール紙風の箱でひと味違う上品な佇まいを演出。線画イラストを組み合わせ地域性や品質・素材の良さを印象づけます。「MINAMI SANRIKU」の文字は、シリーズ展開しやすいよう中身に合わせて色を変える仕様。明るめの色で売り場で目を引くポイントに。

受賞者:カトウ マサタカ(ブルードッグ・グラフィック)
商材:南三陸CANシリーズ 銀サケのオリーブオイル漬|【宮城県本吉郡南三陸町】マルアラ株式会社及川商店

 

 

6.優秀賞(秋田県知事賞)

 コンセプト 
ネーミングは、「つじや」初代料理人・辻ジュン氏の名をいただき、幅広い意味合いを連想させるよう平仮名で「じゅん」と命名。
パッケージングは、手焼き・手造りならではのやわらかなフォルムを伝えるため、箱ではなく包装紙(冷蔵対応)を採用し、キャラメル包みと、家紋を配したオリジナルラベルを組み合わせ、謹厚な品であることを伝えている。

受賞者:稲葉 晴彦(有限会社スマッシュ)
商材:とうふカステラ|【秋田県大仙市】株式会社つじや

 

 

7.優秀賞(福島県知事賞)

 コンセプト 
幻の林檎として名高い羽山林檎を使用している事から、幻のシードル/Fantome Ciderと名付けました。
表面では原料である林檎の果実栽培から収穫、仕込み、醸造、販売に到るまでを一貫して担っているというシードルのバックストーリーを伝えるために、切り抜かれた林檎のフォルムの向こう側に収穫中の絵を印刷して表現、裏面では文章にて生産ストーリーを物語のようにローマ字で綴りました。

受賞者:清水 千春(株式会社博報堂)
商材:シードル&グリーンシードル|【福島県二本松市】ふくしま農家の夢ワイン株式会社

 

学生優秀賞

学生優秀賞8〜10イメージ

8.学生優秀賞

 コンセプト 
八甲田山系に降り積もる雪が、新鮮な雪解け水になり、陸奥湾に流れ込む「⻘森の風土」を情景的にパッケージに落とし込みました。
マグロと言えば大間のマグロのように、ホタテと言えば「陸奥湾ホタテ」と名を連ねて欲しい願いと、商品名を口にする事で消費者への認知が広まると考え、雪どけの陸奥ホタテと商品名を変更しました。

受賞者:最上 日菜乃(女子美術大学)
商材:ほたての正直|【青森県青森市】株式会社山神

 

 

9.学生優秀賞

 コンセプト 
銀サケの身をイメージしたストライプ柄を背景に、諸外国の缶詰を模したデザインにしています。
スリーブのイラストは南三陸の海を新鮮な銀サケが泳いでいる表現をする為に後ろの罫線を波のようにしました。海外の旅行者にも分かりやすく、商品を気軽に手に取ってもらえるようにしています。

受賞者:髙橋 愛理(専門学校日本デザイナー芸術学院)
商材:南三陸CANシリーズ 銀サケのオリーブオイル漬|【宮城県本吉郡南三陸町】マルアラ株式会社及川商店

 

 

10.学生優秀賞

 コンセプト 
20代~40代女性向け、お土産向けをコンセプトとして考えました。
王将そばが魅力としている自然の水や作り方、元デザイン裏に表記してあったそばの茹で方のイラストを可愛いアイコンとしてパターン化、模様として作り他の商品と並んだ時、瞬時に王将そばとわかるように差別化できるようにしました。素朴でナチュラル、家庭的な王将そばに合うようなコミカルなイラスト、雰囲気を目指しました。

受賞者:望月 佑奈(阿佐ヶ谷美術専門学校)
商材:王将そば|【山形県天童市】有限会社天童製麺

 

おいしいを一緒につくるデザインコンペ2019

3名のデザイナーが、企業訪問を通じて商品の特徴やニーズを引き出し、より魅力の伝わるパッケージデザインを提案。優秀賞が決定しました。

 

優秀賞(岩手県知事賞)

岩手短角和牛セシーナ イメージ

 コンセプト 
この商品は、岩手の食文化の新たなフラッグシップとなる可能性があると感じ、ブランドロゴを作成。
ロゴにすることでパッケージ以外の媒体にも展開が可能となり、商品のブランディングに役立てることができます。また、熟成年数や牛肉の出来栄えによって味に個性が出るセシーナは、ワインのようにプレミアムを付けた販売も出来ると考え、製造年が表記されたラベルを貼ったり、梱包紙の色を変えたりしています。

受賞者: 阿部 拓也(のはら)
商材: 岩手短角和牛セシーナ|【岩手県岩手郡岩手町】株式会社肉のふがね

 

優秀賞(東北経済産業局長賞)

 コンセプト 
ロイヤルカスタマーをターゲットにした、女性や子供が手にとりたいパッケージデザインを考えました。
親しみやすいグラフィックを目指し、伝えたい要素が均一に伝わるよう、色は1色(紺)で表現しました。木村パスチャライズ牛乳が特別な製法である事を訴求したいため、味の特徴やこだわりを表現したキャッチコピーで、「うまみ、きわみ、めぐみ」と入れました。

受賞者: 稲葉 薫(株式会社ニュートラル)
商材:木村パスチャライズ牛乳|【福島県いわき市】木村ミルクプラント株式会社

 

 

あなたが、これは買ってみたいと思う新パッケージや商品は見つかりましたか?
受賞したデザインは、2020年秋をめどに実際のデザインとして、販売されていく予定です。
街やショッピングサイトなどでぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

イベントスケジュール

 

展示会(申込不要・入場無料)

■日時 2019年12月6日(金)~11日(水) 10:00~18:00(最終日は16:00まで)
■会場 せんだいメディアテーク 5Fギャラリー

 

 

表彰式 フォーラム 交流会(申込必要・交流会のみ有料)

■日程 2019年12月11日(水)

 第1部 表彰式・フォーラム 
今年度受賞した作品の表彰式、東北の食産業におけるデザインの必要性と可能性を考えるフォーラムを開催。
過年度の事例報告として、参加企業より、受賞デザインの実用後の販路から反響や販売実績などの成果のお話もあります。

■時間 13:30~17:00
■会場 せんだいメディアテーク 7F「スタジオシアター」

 

 第2部 交流会 
デザイン対象商材となった東北6県の魅力あふれる食材を味わえます。皆様のお越しをお待ちしております。

■時間 17:15~19:00
■会場 せんだいメディアテーク 5F「ホワイエ」 
■定員 50名
■参加費 一般3,000円、学生1,000円

 

お申し込みはこちらから

公式サイトはこちらから

 

あなたがいいなと思ったパッケージや商品と、その理由をおしえて!

コメントを投稿してくれた方の中から抽選で、マチコイン100枚を5名様にプレゼント!

【応募締切】2019年12月21日(土)
【当選発表】当選者へのメール送信をもって発表とかえさせていただきます。