2019年06月06日
6月9日(日)仙台ライブ開催決定!ピアノでジャズの奥深さを表現するYoYo the “Pianoman”インタビュー
machico的・気になるパーソン
machico的・気になるパーソン
気になるパーソン

 ポップスに留まらず、ジャズとラップを融合させた新ジャンルの音楽 "スウィングラップ"を確立した男性ユニット「SOFFet(ソッフェ)」として活動してきたYoYo(ヨーヨー)さん。2012年から、ピアノをメインとするジャズライブプロジェクトを始動させ、YoYo the "Pianoman"(ヨーヨー ザ ピアノマン)として、全国各地でライブ活動を行ってきました。約6年間の活動期間を経て、2018 年12 月に待望のデビューアルバム『O.G Swing(オー ジー スウィング)』をリリース。5都市を回るリリース記念ライブツアーを2019年4月からスタートさせ、6都市目として仙台公演の追加開催が決定しました。SMAP やCHEMISTRYなど、有名アーティストへの楽曲・歌詞提供を行ってきた音楽家でもあるYoYoさんの原動力に迫りました。

 

●仙台での追加公演開催決定、おめでとうございます!仙台の印象はいかがですか?

 昨日の夜から前乗りしていたので、1人で仙台の街を徘徊したんですけど、偶然、レトロなエリアを発見して。「東一市場」という場所でした。気になるお店がいっぱいあって、どこに入るかすごく迷ったんですよ!結局、雰囲気の良さそうな立ち飲み屋さんに入って、やきとりとビールをいただきました。最高でしたね(笑)。今まで、仙台にこういうエリアがあることを知らなかったので、ますます気になる土地になりました。

YoYoさん

 

●YoYoさんがジャズライブプロジェクトを始めたきっかけの一つに、東日本震災後の経験があるとお聞きしました。どんな出来事があったんですか?

 あれは、東日本大震災直後の5月頃だったと思います。SOFFetとして復興支援活動に参加するために、岩手県大船渡市の避難所に行く機会があったんです。少しでも元気になってもらえたらと思って行ったんですが、当時の現地の光景や避難所生活を目の当たりにしたら、想像を遥かに超える衝撃を受けて。「復興支援」とは言え、そんな状況の中でマイクを持ってパフォーマンスするのは良くないんじゃないかと、諦めかけていたんです。どうするべきか迷いながら、避難所になっていた体育館の片隅にあったピアノを少しだけ弾いてみました。そしたら子どもたちがどんどん集まってきて、いろんな曲をリクエストしてくれました。そのリクエストの中に、今回のアルバムにも収録した「威風堂々」があって、(実際に弾いたら)すごく喜んでくれて。その流れで急遽予定を変更して、ピアノでインストライブをすることになりました。
 ピアノを通してあそこまで空気を変えられた経験は初めてだったので、この活動は「プロジェクト」としてしっかり形にしていきたいと考えるきっかけになりました。威風堂々という曲も含めて、ピアノやインスト音楽のパワーに改めて気づかされた1日でした。

 

●そこから6年の活動期間を経て、2018年12月に、待望のデビューアルバム『O.G Swing』をリリースされましたが、これはどのような作品ですか?

 6年かけて作り上げたアレンジやオリジナル曲をたくさん収録した、名刺代わりの作品です。全10曲のうち、7曲がオリジナル曲になっています。

―収録曲の中から、マチコ読者に向けて、「これぞ!」というおすすめの一曲を教えてください。

 「父と娘のダンス」ですね。僕はピアノインスト音楽で、“言葉では言い表せない感情を表現したい”と思っているんですが、この曲はまさにそこを目指して作り上げた曲です。「父と娘」の関係性って、言葉で表現する必要がないものだと思うんです。父と娘がダンスしているだけで、そこにはいろんなストーリーや感情が溢れているじゃないですか。そんな情景と完成した曲調がリンクして、このタイトルに決まりました。MVも素敵に仕上げていただいたので、ぜひ聴いていただきたいです。

父と娘のダンス

 

●YoYoさんが考えるジャズの魅力は?

 即興で生まれる音楽をその場にいるお客さんと一緒に楽しめることが、ジャズの魅力ですよね。それに、人間の感情を音で表現しようとしたときに、限りなく感情に近い深い音を持っているのも、魅力の一つだと思います。

 

●6月9日(日)には仙台でのライブが予定されています。意気込みと見どころを教えてください。

 仙台でアルバムの曲を演奏する初めての機会なので、とてもうれしいですし、楽しみにしています。実は、今回のツアーに参加するサポートメンバーは毎回違っていて、各地域にゆかりのある地元のミュージシャンに参加してもらっているんです。ミュージシャン同士の繋がりを駆使して知り合いから紹介してもらったり、SNSでやりとりをしたりして(笑)。だから、仙台のライブに参加してもらう方々にも、まだお会いしたことがないんです。ライブ当日に初めてセッションすることになります。そこがまた、ジャズの面白いところなんですよね。初対面でも一緒に演奏できちゃうっていうのは、ジャズならではです。間違いなく、ここでしか聴くことのできないライブになると思いますので、ぜひ足を運んでいただきたいです。

 

●最後に、YoYoさんにとって“音楽”とは?直筆で書いていただきました。

音楽とは?

 

ライブ情報

YoYo the “Pianoman” Debut Album “O. G. SWING” リリース記念ライブツアー追加公演~仙台公演~

ライブ情報

●日時:2019 年6 月9 日(日) 開場16:00 開演16:30
●会場:仙台・retro Back Page 仙台市青葉区国分町3 丁目3-1 定禅寺ヒルズ8F
●料金:前売り/当日 ¥4,500/¥5,000(税込・1 ドリンク別)
●座種:全席自由
●アクセス:仙台市営地下鉄「勾当台公園」駅、徒歩5分
●一般チケット発売プレイガイド
 ローソンチケット Lコード:22278
 チケットぴあ Pコード:150-494
 イープラス
●問合せ:Coolmine 022-796-8700(平日11:00~19:00)/ http://coolmine.net

公式サイトはこちら

聴くとつい感情移入してしまう音楽・楽曲を教えて!

コメントを投稿してくれた方の中から抽選で、マチコイン100枚を5名様にプレゼント!

【応募締切】2019年7月3日(水)
【当選発表】メール送信をもって発表とかえさせていただきます(@machico.mu の受信設定をお願いいたします)。