2019年04月17日
平成最後に誕生した偉大なるシンガーソングライター、「あいみょん」インタビュー

dummy

 「マリーゴールド」「今夜このまま」「君はロックを聴かない」「満月の夜なら」「愛を伝えたいだとか」……。いくつもの楽曲が、あらゆる音楽チャートに同時にランクインするという異例のヒットを飛ばしている女性シンガーソングライター「あいみょん」さん。兵庫県西宮市生まれ、現在24歳の彼女は、同世代の若者から絶大な支持を受けるとともに、昨年のNHK紅白歌合戦で披露した「マリーゴールド」の“どこか懐かしい”メロディーとフレーズが、大人世代からも話題を呼び、幅広い年代から注目を集めています。
 名実ともに「トップアーティスト」と呼んでも過言ではないあいみょんさんが今年2月、待望のセカンドフルアルバム『瞬間的シックスセンス』をリリース。ファーストアルバムを発売した2017年には、machicoの姉妹サイト「COLORweb」に登場していただきましたが、今回はmachicoへの登場です!インタビューしたのは、あいみょんさんと同世代、そして、“リアルあいみょんファン”の編集部員。彼女の底なしの魅力を、直接肌で感じて参りました。それではどうぞ、ご覧ください。

 

●今年2月に行った、初の日本武道館ワンマンライブはいかがでしたか?

 いろんな人に感謝をしなきゃいけないなと、思えた1日でした。武道館(ライブ)が終わって、ようやく、シンガーソングライターになれた気がしました。具体的には全く分からないけど、人生の糧になるような大きな何かを掴めたと思っています。

 

●今回リリースしたアルバム『瞬間的シックスセンス』の収録曲は、どのようにセレクトしたんですか?

 今回に関しては、描き下ろしの作品が多かったんですが、アルバムには基本的に、その時の自分が一番良いと思える楽曲を詰め込むものだと思っているので、今回も一番良いと思える曲を選びました。(今作の)制作チームも、前作とそこまで変わらないメンバーだったので、「良いモノができたらいいね」って声を掛け合いながら楽しい雰囲気の中で作ることができました。タイトル通り、瞬間的ないろんなものを詰め込めたと思っています。

あいみょん「今夜このまま」 MV

 

●以前、あいみょんさんは、別のインタビューの中で、「瞬間的な第六感を大切にしたい」とおっしゃっていましたが、それはいつ頃から思い始めたことですか?

 う~ん、どうなんですかね…。まあでも、最近になって思い始めたのかもしれないですね。こういう風に室内におることがすごく増えましたし、SNSの情報に踊らされている私たちかなと(普段から)思っていて…。世の中、自分の目で外を見てみないとほんまの事実なんて全部分からへんのに、みんな、画面ごしの情報に踊らされて、瞬間、瞬間に起きている色んなことを見逃してしまうのは、すごくもったいないなと思って。だから、自分のこの目で、今のリアルを見られたらなと考えるようになりました。

 

●あいみょんさん的“シックスセンスの研ぎ澄ませ方”はありますか?

 シックスセンスはすでに研ぎ澄まされたものやと思います。みんなそれぞれにすでに備わってますし。ただ、それをキャッチできるかどうかが、人それぞれの差やと思いますね。

あいみょん machicoインタビュー

 

●あいみょんさんの作品のアートワークを手掛けるクリエーターのとんだ林蘭(とんだばやしらん)さんは、どんな存在ですか?

 一緒にやれてよかったなと思う方ですね。(とんだ林蘭さんは、)発想が面白い、気持ち悪くて(笑)。世の中やっぱ、気持ち悪いものとか奇妙なものに引かれるんですよ。だからたぶん、人間はずっとUFOとかを追っかけてると思うんですよね。(とんだ林蘭さんは、)そういう感覚がある人ですね。人の興味をそそる人だと思うので、私の作品に、一味も二味も味付けをしてくれて、ありがたいなと思います。

▼とんだ林蘭さんが手掛けた、紅白歌合戦での歌唱曲『マリーゴールド』のCDジャケット

dummy

●24歳になったばかりのあいみょんさんが今、一番興味のあることを教えてください。

 もうずっと前からなんですけど、小説の新刊が出る度にそわそわしますね。前まではミステリー小説を中心に読んでたんですけど、最近は幅広く読んでいます。移動中に本を読むのがちょうどよくて。気になる本がどんどん出てくるので、追いつかないなぁと思いながら読んでます(笑)。

―なぜ本を読むようになったんですか?

コンプレックスからですね。勉強がすごく苦手で、漢字とか言葉をあまり勉強して来なかったので、自分があまりにも日本語を知らな過ぎることがコンプレックスでした。でも今は、純粋に(読書が)好きっていうものありますね。物語を自分の頭の中で映像化するのが楽しいんです。

 

●公式サイトのインタビューの中で、ファンの方に身近な存在として感じてもらうために「生活臭を大切にしたい」と語っていますが、あいみょんさんが大切にしたい「生活臭」って、具体的にどんなものですか?

 私、大家族出身なので、例えばですけど…、自分がどうなってもずっと、「シャンプーは、残り少なくなったら水で薄めていたい」って思う感じ?ですかね(笑)。いまだにやりますし(笑)。そういう、すごいちっさいことでいいので、“日常のあるある”を持っていたいですね、ちゃんと。アーティスト活動をしていると、“雲の上の存在”ってみんなからよく言われますけど、そんなことは全然なくて。生活臭とか、人間味がある人の方が曲も面白いので、自分もそうなれたらうれしいなと思います。

あいみょん machicoインタビュー

―あいみょんさんが一番好きな「日常」は?

 何も(予定が)ない日の夕方ですかね~。夕方4時から6時ぐらいまでにかけて、家で本を読んだりするのはもうめっちゃ最高ですね。うちに窓がいっぱいあるので、(夕方の時間帯に)部屋の中がオレンジになる瞬間があるんです。その瞬間が、すごく好きです。

 

●昨年に引き続き、今年も、宮城県で開催される「ARABAKI ROCK FES.」に出演されますが、昨年の会場の雰囲気はどうでしたか?

 去年初めて出させていただいたんですけど、お客さんが熱かったですね。すごくにぎやかでした。そういえば、天気も良くて、めっちゃ暑かった。なのに、テントが真っ黒やったんですよ(笑)。日を集めて集めて、燃えるんちゃうかなと思いました(笑)。

 

●シンガーソングライター「あいみょん」としての、今後のイメージを教えてください。

 ジャンルに縛られないスタイルで(音楽を)やりたいです。今も、「あいみょん」っていう音楽をやっているつもりなので、私から生まれるものが全て。その時その時に生まれた楽曲が、私が今一番やりたい音楽ってことかな。

 

●仙台・宮城の読者の方へ、メッセージをお願いします。

 仙台のひょうたん揚げが好きなので、よかったら差し入れしてくれても、全然…はい(笑)。あ、あと私、仙台麩がめっちゃ好きなんです。この間ツアーで仙台に来た時に、せり鍋に入っていたのを初めて食べて、感動したんですよ!めっちゃおいしくて。それ以来、家でお鍋とかすき焼きした時に入れて食べてます。

あいみょん machicoインタビュー

 

●最後に、あいみょんさんにとって“音楽”とは?直筆で書いていただきました。

あいみょんにとって、音楽とは?

 私、音楽のことを話す時に「料理」に例えることが多くて。瞬間的なものを思い付いた時に掴むっていうのは「流しそうめん」と一緒だと思ってるんです。掴んであげないと流れていってしまうから。焦げ付かないように、「見逃さない」とか「火加減が大事」っていう部分でも、音楽と料理って一緒かなと思う。やっぱり、「おいしい」と言ってもらいたいので。

 

―――――――――――
 

 “残り少なくなったシャンプーを薄めて使う”ような、ごく平凡な日常や生活。そして、その日々の中で人間誰しもが抱える、生きることのもどかしさや恋の切なさ。そういう、当たり前の出来事や感情を大切に歌にするからこそ、あいみょんさんの楽曲は、世代や時代を超えて共感を生み、聴く人みんなの心を慰め、奮い立たせてくれます。人間のありのままを、ストレートに歌えること。それこそが、彼女の持つ、最高の音楽センスだと思うのです。
 平成最後に誕生した偉大なシンガーソングライターは、次の時代を、どんな音楽で、どんな言葉で表現してくれるのでしょうか。彼女のこれからは誰にも予想できませんが、きっと、「あいみょん」という音楽はいつまでも、時代の中心で鳴り続けるでしょう。

 

CD情報

Major 2nd album『瞬間的シックスセンス』発売中(2,800円+税)

ジャケット写真

01. 満月の夜なら
02. マリーゴールド(Google アプリ CM ソング)
03. ら、のはなし(映画『あした世界が終わるとしても』挿入歌)
04. 二人だけの国
05. プレゼント(フジテレビ系『めざましどようび』テーマソング)
06. ひかりもの
07. 恋をしたから
08. 夢追いベンガル
09. 今夜このまま(日本テレビ系水曜ドラマ『獣になれない私たち』主題歌)
10. あした世界が終わるとしても(映画『あした世界が終わるとしても』主題歌)
11. GOOD NIGHT BABY
12. from 四階の角部屋

あなたにとって大切な、“日常の瞬間”を教えて!

コメントを投稿してくれた方の中から抽選で、あいみょん直筆サイン入りオリジナルタンブラーを2名様にプレゼント!

【応募締切】2019年5月14日(火)
【当選発表】メール送信をもって発表とかえさせていただきます。