2019年04月10日
山形美食めぐりのススメ~庄内編~
日本初「ユネスコ食文化創造都市」鶴岡の食と山岳信仰の世界を体感しよう。
山形美食めぐりのススメ ツアー現地レポート~庄内編~
山形美食めぐりのススメ ツアー現地レポート~庄内編~

 

東北に生まれて良かったこと。それは山の幸と海の幸、そしてフルーツの宝庫と三拍子そろう旬のグルメを四季折々に楽しむことができること。
今回ご紹介するのは、山形県の庄内エリア。みなさんの春・夏の休日の思い出づくりにぴったりの旅情報をお届けします。

話題の食の新施設や大自然の中で山岳信仰を体感できるスポットなど、奥深い魅力満載の庄内エリアを、22名のマチコ会員のみなさんと体験してきました。では早速、タイムスケジュールにそって旅のレポートスタートです!

山形県庄内地方地図
 

 

11:00
施設の中でグルメ探訪!つるおか食文化市場 FOODEVER到着
 

鶴岡市は、日本で唯一「ユネスコ食文化都市」として認定されています。
仙台を貸切バスで出発し、最上川や月山湖を横目に約2時間半。到着したのは、そんな世界が認めた鶴岡市にある「つるおか食文化市場FOODEVER(フーデェヴァー)」です。

ユネスコ食文化都市 鶴岡

 

入口を入ると、予約のとれない人気のイタリア料理店「アル・ケッチァーノ」で知られる奥田政行シェフがプロデュースするお店「ファリナモーレ」がにぎわっていました。
お昼になると列をなすという情報が入ったので、すぐにレストランへ。その日はmachico限定の2,000円のパスタセット(お土産付き)を用意していただいていました!うれしいサプライズ!

 

まずは前菜「イロドリファームの野菜のサラダと庄内豚の生ハムと舟形マッシュルーム」。
「食の都庄内」親善大使でもある奥田シェフ。庄内地方の食材が美しく盛り付けられていました。生でも食べれるマッシュルームは、火を通したときのような弾力はなく、やさしい新食感。

ファリナモーレ

 

お次はパスタ。「あさりとレモンのオイルソースパスタ」と「魚介のラグートマトソースパスタ」2種類から選べるということで、編集部2名で2種類選んで食べ比べ。「アルケッチャーノ」の奥田シェフがプロデュースするパスタは、貴重で美味しい一皿でした。

奥田シェフパスタ

奥田シェフパスタ

ファリナモーレ
向かいの席でも、マチコ会員さんが楽しそうに食べ比べ。

 

セットの最後にお土産でいただいたのは、2018鶴岡名物コンテストでブロンズ賞を受賞した「TSURU no OKAeSHI 鶴岡シルクマカロン」。「ファリナモーレ・ドルチェ」が手掛けた人気の絶品マカロンです。
鶴岡シルクが「日本遺産」に認定されていて、マカロンには食べられるシルクゲルが使われているそうです。奥田シェフが使うこだわりの塩「月の雫の塩」が、甘みと発酵バタークリームのコクを引き立てていました。
真っ白なパッケージも美しく、お土産でよろこばれること間違いなしです。

TSURU no OKAeSHI 鶴岡シルクマカロン

 

他にも、店内に工房を持つ「ファリナモーレ・ドルチェ」で作られた、色鮮やかなスイーツがきらきらと並びます。

ファリナモーレ・ドルチェ

 

また、マチコ会員のみなさんに人気だったのが、庄内18酒蔵の地酒から好みを3種を選んで利き酒ができる「酒BAR 彩鶴」。

酒BAR 彩鶴

 

FOODEVER内にある「食の都庄内」親善大使である土岐正富料理長がプロデュースする和食料理店「つるおか旬暦 彩鶴」で提供しているお酒を、気軽に立ち寄って飲むことができるカウンターバー形式。

酒BAR 彩鶴

 

50種を超える在来作物が存在し、ミシュラン三ツ星のレストランもある山形県鶴岡市。
FOODEVER内は、他にも、庄内浜で獲れた新鮮な魚を塩で食べる魚バル、庄内豚など山形のブランド豚を提供する肉バル、その日の朝に手打ちしたそばを使った山形名物肉そばなどを食べることができるそば処など、鶴岡の人気店が大集合!楽しいグルメ探訪ができました。

 

美味しい料理とお酒を楽しんだ後は、FOODEVER内にある「つるおか駅前マルシェ」でお土産探し。お米に漬物・調味料。デニッシュ食パンから御殿まり(手まり)まで、迷うのが楽しいラインナップ。

つるおか駅前マルシェ

つるおか駅前マルシェ

つるおか駅前マルシェ

 

庄内地方で有名なのが「庄内映画村」。たくさんの名作映画が撮影されています。取材時は、映画「サムライマラソン」で俳優佐藤健さんが実際に着用した衣裳が展示されていました。

サムライマラソン 衣裳

 

また、この日は、文化体験スペースで「神の手」を持つという住吉屋の菓子職人による、「雛菓子づくり体験」が行われていました。盛りだくさんのFOODEVERで楽しめるのは、食だけではありません。何度来ても新たな発見と体験ができそうです。

住吉屋の菓子職人

 

FOODEVERが位置するのは、JR鶴岡駅前という好立地。 少し進めば、鶴岡市内には城下町の風情が残る街並みが広がります。明治の建築様式の旧庄内藩の藩校「致道館」や旧鶴岡刑務所などの観光もオススメです。

JR鶴岡駅

 

 

13:30
大自然の中で山岳信仰を体感!「国宝 羽黒山五重塔」へ
 

FOODEVERでお腹を満たした私たちは、いざ羽黒山へ。東北仏教文化の中心のひとつであった羽黒山には、多くの文化財があります。

国宝 羽黒山五重塔

 

予期せぬ雪で、アドベンチャー体験もありましたが、辿り着いた先の木々の中にそびえる「国宝 羽黒山五重塔」は優美でとても美しかったです。雪もあいまって荘厳な雰囲気をより一層感じられました。

国宝 羽黒山五重塔

 

国の天然記念物に指定されている、樹齢1000年といわれる「爺杉」。以前は「婆杉」もあったそう。現在は「爺杉」ひとりでどっしりと貫禄たっぷり。みんなで大地のパワーの恩恵にあずかってきました。春・夏の羽黒山は、また違った魅力があり、新緑がとても美しいそうです。

爺杉

 

 

14:30
かやぶき屋根の厚さが2.1m!三神を祀る重要文化財「三神合祭殿」へ
 

月山・羽黒山・湯殿山の総称「出羽三山」の開山は、1,400年以上前。雪深い山形の月山と湯殿山は冬の時期は参拝できないため、羽黒山には、三神が祀られていると言われています。
国の重要文化財に指定されている「三神合祭殿」は、かやぶき屋根の厚さがなんと2.1メートル!高さは28メートル。「国宝 羽黒山五重塔」もそうですが、現代の技術がない中で、この壮大な建築物が人力で建てられてたと思うと感慨深いものがありました。羽黒山の凛とした空気は、なんだか自分の中の邪気を祓ってくれたような気がします。神殿内は総漆塗り。内部の撮影は出来ませんでしたので、ぜひみなさんも見て触れて、山岳信仰の世界を体感してみてください!

三神合祭殿

 

 

15:00
帰路へ
 

帰り際に山形のソウルフード玉こんを食べながら思ったこと。それは「せっかく山形に来たからには、旅の疲れは温泉につかって癒したい」。

今回この庄内エリアの楽しみ方を教えてくれたのは、天童を拠点に山形県内のあらゆる楽しみ方を組み立てて紹介してくれるDMC天童温泉さん。プロの添乗員さんの案内のもと、予期せぬ雪にも負けず、ほっこり系ガイドさんに癒されながらおすすめスポット3箇所を巡る充実の1日を過ごすことができました。

癒し系ガイドさん

 

仙台への帰り道にある天童市。天童温泉に一泊すれば、次の日は帰りは高速使わず一時間で仙台到着♪天童市は宮城へも山形のあらゆる観光地へ向かうにもアクセスがよく、これが山形観光の「拠点」と言われる理由。山形旅行の際は、帰りもらくらくの天童温泉への宿泊もオススメです。

冬も終わり、フルーツ王国山形県は、たくさんの果物の旬を迎えます。今度の休日は、宮城もいいけど山形旅行もいかがでしょう?

 

「食を通じて地域を知ること」を目的に、『新潟県・庄内エリア デスティネーションキャンペーン』が2019年10月1日~12月31日に開催されます!日本海と雄大な山に育まれた新潟県と庄内エリアの豊かな食文化を公式サイトで発信中!

 

さらに
春の山形おすすめ旅情報
 

ONSEN・ガストロノミーウォーキング in 山寺・天童温泉
[期間]2019年5月11日(土)
[料金]大人3,500円 小・中学生2,000円

朝摘みさくらんぼ狩りツアー
[期間]2019年6月15日~7月8日
[料金]大人(小学生以上)3,000円 子ども(3才~未就学児)2,800円

●湯めぐりをもっとお得に!
天童温泉の対象旅館に特別割引で入ることができる「天童温泉パスポート(500円)」も各旅館で販売中

 

DMC天童温泉

詳しいツアーの内容やお申込みは、DMC天童温泉公式サイトをご覧ください。

公式サイト https://www.tendodays.com/

みんなの山形庄内エリアのおすすめ情報を教えて!

コメントを投稿してくれた方の中から抽選で、マチコイン100枚を5名様にプレゼント!

【応募締切】2019年5月14日(火)
【当選発表】メール送信をもって発表とかえさせていただきます。