2020年12月23日
“ナトカリ”って知ってる?高血圧予防につながる新たな健康指標に注目!~宮城県×カゴメ「ナトカリフェア」に行ってきた!~

宮城県×カゴメ「ナトカリフェア」

突然ですが、皆さんは「ナトカリ比」という言葉を知っていますか?
ナトカリとは、「ナトリウム・カリウム比」の略。「ナトリウム(塩分)」の摂取量を減らしながら、「カリウム」を含む野菜や果物の摂取量を増やして塩分の排出を促す、高血圧予防のための新しい健康指標として今注目されています。
今回、宮城県とカゴメ株式会社(以下、カゴメ)が、ナトカリ比をテーマとした健康フェア「ナトカリフェア」を開催するといううわさを聞きつけ、マチコ編集部が取材に行ってきました♪

 

宮城県×カゴメ「ナトカリフェア」開催

宮城県とカゴメは2018 年に「包括連携協定」を締結し、宮城県産品の価値向上や健康寿命の延伸など、さまざまな取り組みを行っています。その活動の一つとして、食育月間である 毎年11月に宮城県庁2階の食堂「カフェテリアけやき」で健康メニューフェアを開催。今年は“1食でナトリウムと同じくらいのカリウムを摂ろう”をコンセプトにしたヘルシーセットメニューが、11月下旬の3日間にわたって日替わりで提供されました。
実は宮城県の食塩摂取量は男女ともに全国平均を上回り、男性は全国ワースト1 位、女性は全国ワースト 13 位(※)…。県民の減塩は、目下の課題となっているのです…!
※参照元:平成28年国民健康・栄養調査

 

トマみそジャージャー麺

この日のメインメニューは、「トマみそジャージャー麺」。こちらに「ひじきのごま酢」「小松菜の辛子和え」「KAGOME 野菜生活 グリーンスムージー」をセットにすると、カリウムがナトリウムよりも393mg多い食事になります。
メインとなる主食やおかずは塩分が多くなりがち。そんな時は、普段通りのメイン料理にナトカリ比が低い副菜(野菜、果物、いも・豆類など)を足して献立全体のナトカリバランスを整えることがポイントです。

 

ナトカリバランスを意識した食生活を

普段は“味濃いめ”が好みのマチコ編集部も、「減塩」+「カリウムを多く摂取すること」を意識すれば、食べたいものを我慢しすぎることなく食生活を改善できることがわかりました!皆さんも「ナトカリ比」を意識して、野菜や果物をおいしく食べて健康な身体を目指しましょう!

健康のために、普段の食生活で意識していることを教えて!

コメントを投稿してくれた方の中から抽選で、マチコイン100枚を5名様にプレゼント!

【応募締切】2021年1月24日(日)
【当選発表】メール送信をもって発表とかえさせていただきます。