老舗のサウンド&レストランバー「スコッチバンク仙台」45周年。約半世紀 愛され続ける理由とは。
スコッチバンク仙台店

1974年7月5日に誕生した「スコッチバンク仙台」。今年(令和元年)に45周年を迎えた歴史ある老舗のサウンド&レストランバーです。最盛期には全国に10数店舗あったスコッチバンクですが、現在残っているのは仙台店のみ。 約半世紀もの間、国分町にあるビルの地下2階で、上質のサービスを提供し続けています。変化の大きい飲食業界で、変わらずに存続し続ける理由をお届けします。

45年変わらない勇気。

クラシカルな雰囲気の趣のある空間に流れる生演奏。 45年もの間、内装やシステムを変えることはしなかったそうです。 「変わらないスタイルを貫き通すことは、めまぐるしく変わる世の中において、本質は変わらないことを教えてくれました」と市原代表取締役(CEO)は話します。 45年前から時が止まっているような店内は、とても贅沢な時間が流れていました。
写真は、ピアニストと女性ボーカルのユニット。聞きほれる歌声で、ファンも多いそう。

スコッチバンク仙台店

「Scotch Bank 45周年祭」開催中(2019年11/30迄)

スコッチバンク仙台では、100種類以上のウイスキーを提供しています。「スコッチバンク」は、元々ウィスキーを安価で提供するために誕生し、ウイスキーを楽しむ文化を創出しました。このことによって、リピーターに支えられる店として、愛され続けてきました。 ウイスキーやワインのボトルキープ数は、45年でなんと7万本を超えるそうです。
そんなお客様への感謝の気持ちを込めて、2019年11月1日~30日「Scotch Bank 45周年祭」を開催。先着100名様にウイスキーボトルもしくは、スパークリングワインハーフボトルがプレゼントされます!※なくなり次第終了。

スコッチバンク仙台店

シリアル番号が刻まれる自分だけの「真鍮製のボトルキー」。

スコッチバンク仙台店

ボトルキープの際に発行する「真鍮製のボトルキー」は、 親から子に受け継がれることもあるとか。

スコッチバンク仙台店

提供される料理も上質でとても美味しく、価格は1,000円前後。お酒だけではなく、料理も堪能できます。

スコッチバンク仙台店

手前は歴史を感じる公衆電話BOX。レンガの奥には、大事に保管されたボトルがずらり。

スコッチバンク仙台店

店内には、会社帰りにひとりでゆったりと一日の疲れを癒せるようなカウンター席もありました。お店に伺った際には、年配のご夫婦が素敵な笑顔でウイスキーを楽しんでいました。

スコッチバンク仙台店
Director &Manager 佐藤司さん
「スコッチバンク仙台」では、ウイスキーだけでなくワインやカクテルも提供。お酒をもっと楽しみたい方は、スタッフのみなさんにお聞きして、自分好みのお酒に出会ってみてはいかがでしょう。
 

スコッチバンク仙台

住所 宮城県仙台市青葉区国分町2-2-2 東芝仙台ビルB2
電話番号 022-222-9042
アクセス 地下鉄「南北線」広瀬通駅より徒歩10分
営業時間 月~木、祝前日: 18:00~翌2:00 (ラストオーダー料理. 翌1:00 ドリンク. 翌1:30)
金、土: 18:00~翌3:00 (ラストオーダー料理. 翌2:00 ドリンク. 翌2:30)
日、祝日: 18:00~翌0:00 (ラストオーダー料理. 23:00 ドリンク. 23:30)
定休日 -