2018年04月18日
「心地よい暮らし」を提案する「MUJI meets IDÉE」が東北初登場
MUJI meets IDÉE
 

MUJI meets IDÉEとは

  東北最大級の規模を持つ無印良品 仙台ロフトでこの春、新しいブランドの取扱いがスタートしました。その名も、IDÉE(イデー)。東北での取扱いは仙台ロフト店のみです。
  生活の基本と普遍性を追求する無印良品と、遊び心と自由な精神で暮らしに彩りを与えるイデー。2つが出会って生まれた企画「MUJI meets IDÉE」は、「心地よい暮らし」を提案します。人それぞれ、ひとりひとりに個性があるように、暮らし方や住まいにも、それぞれのかたちがあります。ベーシックなアイテムの中に、クッションやラグなどのファブリック、空間を彩るアートなど、心をゆさぶるアイテムを取り入れることで、日々の暮らしはもっと豊かで愉しくなるはずです。なにげないひとときを、かけがえのない時間にするために、自分らしい暮らし方のヒントをご紹介します。

 

生活に取り入れたい、3つのもの

くつろぎの時間を過ごすソファ

DIMANCHEソファ イメージ

  フランス語で日曜日を表す「DIMANCHE (ディモンシュ)」。このシリーズの持つ「リラックス」や「開放」といったキーワードを、心安まる「日曜日」という言葉で表現しています。革の持つ質感の良さを最大限に生かすため、トップコーティングを施さず、染料のみで仕上げています 。使い込むほどに風合いが増し、この世に一台だけのソファへと変化していきます。

DIMANCHE SOFA (C3) Leather
「DIMANCHE SOFA (C3) Leather」 税込394,200円 

 

いつものお部屋に彩りを添えるクッションカバー

クッションカバー

  身近な動物や植物などをモチーフに、手織りで仕上げたオールドキリムを使ったクッションカバー。それぞれ個性のあるデザインや色使いで、サイズの小さなアイテムでも空間のアクセントになります。生活に彩りを添えるアイテムとしておすすめです。

キリムクッションカバー
「キリムクッションカバー」4,860円(税込)~ 

 

軽いはき心地のコットン素材スカート

POOL いろいろの服

  無印良品で生産するファブリックを無駄なく使い切るために生まれた「いろいろの服」。ファッションブランドminä perhonenのデザイナー、皆川明氏が監修を務め、豊富なカラーと着心地の良さにこだわった日常の生活に寄り添う普段着を提案しています。 たっぷりのギャザーが入ったコットン素材の巻きスカートは、軽いはき心地で、季節によって色を変えてカジュアルにも上品にも楽しめるアイテムです。

POOL いろいろの服 巻きギャザーエプロン
「POOL いろいろの服 巻きギャザーエプロン(全4色)」8,640円(税込) 

 

仙台ロフト店で実際に手に取ってみて

無印良品 仙台ロフト

  イデーの取扱いが始まった無印良品 仙台ロフトに、マチコ編集部がお邪魔してきました。今回ご紹介した3つのおすすめアイテムはもちろん、テーブルや椅子、ソファ、生活雑貨類、アート、照明、洋服など、あらゆるジャンルの中からイデーの人気商品を集めたラインナップになっています。

無印良品仙台ロフト店

無印良品の佐久間さん

  インテリアアドバイザーの佐久間理沙さんは、イデーの魅力を次のように語ります。「遊び心がある面白いアイテムが多いですが、不思議と飽きが来ず、愛着が持てるものばかりです。ぜひ仙台ロフト店にご来店いただき、実際の商品をお手に取ってみてください」。

  取材の日、佐久間さんが履いていたPOOLのスカートに一目惚れをしてしまったマチコ編集部。心ときめくアイテムの数々は、眺めているだけで素敵な時間を過ごすことができます。ぜひ足を運んで、MUJI meets IDÉEが提案する「心地よい暮らし」を感じてみてください。

無印良品 仙台ロフト

会場住所 宮城県仙台市青葉区中央1-10-10 仙台ロフト 6F
公式サイト https://www.muji.com/jp/shop/045617

今回ご紹介したIDÉEの商品のうち、いいなと思った商品はどれ?その理由も教えて!

コメントを投稿してくれた方の中から抽選で5名様にマチコイン100枚プレゼントいたします。
【応募締切】2018年5月15日(火)
【当選発表】当選者へのメール送信をもって発表とかえさせていただきます(@machico.muの受信設定をお願いします)。