2017年11月15日
【知りたい みやぎ-宮城のいいこと、再発見-】
お米は食べわける時代!プレミアム米から玄米までみやぎ米の魅力を特集
お米は食べ分ける時代。だからみやぎ米。

宮城のお米と言えば、全国的な人気を誇る「ひとめぼれ」とあっさり食感が特徴の「ササニシキ」が有名ですが、そんな米どころ宮城からこの秋、待望の新ブランド米「だて正夢」がプレデビューを果たしました。プチプチ食感がクセになる新しい玄米食向け品種「金のいぶき」を含め、個性豊かな4品種のお米がラインナップ。
今回の「知りたいみやぎ」では、「だて正夢」をはじめ、みやぎ米の魅力をお届け。11月15日(水)に公開されたばかり、みやぎ米の魅力がたっぷり詰まったドラマ仕立てのPR動画「みやぎ米と四姉妹ものがたり。」に出演中の4名の女優のみなさん、そしてイメージソングを歌う「泣き歌の女王」藤田麻衣子さんのインタビューも!
これを読めば、個性豊かなみやぎ米の魅力を再発見できるはず。

 

●もちもち食感がプレミアム!「だて正夢」誕生。これぞ天下をとる旨さ。

―「伝説の名将・伊達政宗公のようなカリスマ性で、日本中の食卓を牽引していく、とびきりのおいしさを。」
―「宮城が生んだササニシキ、ひとめぼれと同じように、日本中から愛され続けるプレミアムな品質を。」

そんな夢が「正夢」となったお米こそが、「だて正夢」です。最大の特長は、もちもちした食感と甘みの強さ。はっきりした粒感があり、冷めても柔らかさが持続します。高価格帯の銘柄米として、天下一のブランド米を目指します。本格販売は平成30年から。今年はプレデビューのため、2Kg袋のみの販売となっています。
 

知りたい!だて正夢のおいしい炊き方!

<炊き方>
だて正夢をおいしく炊くには、水加減がポイント。水の量を炊飯器の目盛りから1~2mm減らすことで、もちもち食感をより一層楽しむことができます(2合炊く場合)。

だて正夢をおいしく炊くには
 

<食べ方>
もっちりと粘り強く、粒感がはっきりしているため、うま味や甘みを感じるために、まずは白飯がおすすめ。また、冷めてもおいしいお米なので、おにぎりやお弁当にも適しています。さらに、炊き込みごはんにするともち米を使ったかのような粘りが出て、色々なアレンジができるお米です。味がしっかりしているため、お米本来の味を楽しみながらも、おかずをおいしくいただくことができます。特別な日の食卓で食べていただきたいお米です。

 

●美しい映像、とにかく料理がおいしそう!ドラマ仕立てのみやぎ米PR動画配信中

「ササニシキ」「ひとめぼれ」「だて正夢」「金のいぶき」をイメージした個性豊かな四姉妹の物語を描いたみやぎ米PR動画が公開されました。動画は5編構成。各回ごとに、四姉妹の1人にスポットを当てたストーリーが展開されます。注目すべきは、透明感のある美しい映像と、動画の随所に登場する何ともおいしそうなお料理。ほのぼのする家族団らんのシーンや、仲のいい姉妹の絆が感じられる物語に、温かな気持ちになれる作品です。

みやぎ米PR動画「みやぎ米と四姉妹ものがたり。」はこちらから↓

 

 

イメージソングを歌うシンガーソングライター・藤田麻衣子さんにインタビュー

「泣き歌の女王」として女性を中心に圧倒的な支持を得ている藤田麻衣子さん(以下、藤田さん)が、みやぎ米のPRソングとして、オリジナル楽曲『思い続ければ』を制作しました。PR動画のイメージソングとしても使われ、だて正夢がみやぎ米の夢を叶えたお米であることにもリンクする、夢を追い続ける気持ちを表現した壮大な一曲に仕上がりました。そんな素敵な楽曲のお話のほか、普段の食生活、宮城とのつながりなどを藤田さんご本人にマチコ編集部が伺いました。

 

PRソングに抜擢された時のお気持ちは?
「宮城にはライブで何度も訪れていて、いつも地元の方々から温かい気持ちをもらってきたので、宮城に関わるお仕事ができるというだけでとてもうれしく感じました。それにお米は、毎日、家事や仕事、育児などたくさんのことを頑張り続けている女性が買うことが多いと思うので、そういう女性に向けて発信できる曲を担当できる点もうれしかったです。」

曲に込めた想いを教えてください。
「夢を叶える喜びをテーマにするということだったので、ちょうど昨年、歌手デビューして10周年を迎えた自分自身の想いを乗せて作りました。私はずっと、生のオーケストラでライブがしたいという夢を持っていたんですが、今年の4月にその夢がかなったんです。10年間活動する中で辛いこともたくさんありましたが、夢を叶えるために努力している女性の姿と自分の経験を重ねて、歌詞を書いていきました。東北の皆さんは頑張り屋で、粘り強いイメージがあるので、それを表現するために、じんわり、深く、壮大に広がっていくような曲調にアレンジしてもらいました。」

 

好きな食べ物や得意料理はなんですか?
「好きな食べ物は白米です!朝は必ず白米を食べるのが私の習慣です。通販でひとめぼれを買っています。白米が美味しく食べられる和食を作ることが多いです。得意料理は豚汁や肉じゃがですね。体のことも考えて、栄養バランスにも気を使っています。」

今後の活動スケジュールを教えてください。
「来年の1月に『思い続ければ』を収録したニューアルバムをリリースします。2月22日には仙台Rensaでライブを予定しているので、たくさんの方に見にきていただきたいです。」

読者の方にメッセージをお願いします。
「この機会に、宮城に行くチャンスが増えたらいいなと思っています。皆さんから温かい気持ちをいただいてきた分、今度は私がたくさんの笑顔を届けていきたいです。今回の曲の歌詞にも書いたように、夢を叶えた先にもまた道は続いていくので、デビュー11年目の新しいスタートを切る活動になるように頑張りますので、ぜひ皆さん聴いてください。」

 

 

みやぎ米PR動画に出演する四姉妹も登場!

「みやぎ米と四姉妹ものがたり。」に登場する四姉妹「ささ」「ひとめ」「ゆめ」「いぶき」。長女「ささ」を仙台市出身の女優NINOさん、次女「ひとめ」をみはとさん、三女「ゆめ」を安倍萌生さん(以下、安倍さん)、四女「いぶき」を森高愛さん(以下、森高さん)がそれぞれ熱演しました。日々、夢のために前向きに頑張る女性を演じた彼女たちにもお話を伺ってきました(下写真、左からNINOさん、みはとさん、安倍さん、森高さん)。

 

動画の見所や演技でこだわった点を教えてください。
NINOさん(ささ)
「四姉妹のキャラクターと、4種類のお米のそれぞれの良さが伝わる動画になったと思うので、そこが一番の見所です。演技中は、お米のおいしさがしっかり伝わるように、いろんなことを考えながら工夫してやっていました。」

森高さん(いぶき)
「ほっこりできるストーリーと、綺麗な映像に注目していただきたいです。撮影の中で苦労したのは、おにぎりを作って食べる場面です。大きいおにぎりを作る設定だったのですが、私はとても手が小さいので、何度も練習して本番に臨みました。完成したおにぎりは少しいびつでしたが、監督に『いぶきらしくて良い』と言っていただいたのでよかったです。その後の食べるシーンでも、無意識に大きい口を開けて食べてしまったのですが、『気持ちのいい食べ方だ』と褒めていただきました(笑)。」

 

宮城のお米を食べた感想は?また、おすすめの食べ方はありますか?
NINOさん(ささ)
「ササニシキは、とにかくさっぱりしていて食べやすい味です。冷めてもおいしいのでおにぎりにしてもいいと思いますし、和食との相性がぴったりです。」

みはとさん(ひとめ)
「ひとめぼれはもちもちしていて、ついつい食べ過ぎてしまうほどおいしいです!家族でご飯を食べるシーンを撮影していた時も、いつの間にかお米を完食しそうになっていて、追加でお米をよそってもらいました。炊いてから時間がたって冷めてしまっても、ずっとおいしいかったです。」

安倍さん(ゆめ)
「だて正夢は、噛めば噛むほどうまみと甘みがジュワーっと溢れ出てきて、ただただおいしかったです。撮影の時はお肉とか味が濃いものと一緒に食べたのですが、そういうおかずにも負けないうまみがあって、贅沢なお米だと思いました。」

森高さん(いぶき)
「玄米は固いというイメージを持っている人が多いと思うのですが、実際に金のいぶきを食べてみたら、ぷちぷちした食感ですごく甘みがあってとてもおいしかったです。おにぎりを握った時に、塩をつけて作ったんですが、そのおいしさが衝撃的でした。塩気のあるおかずと一緒に食べると、より甘さが引き立つのでおすすめです。」

 

宮城にはどんなイメージをもっていますか?
みはとさん(ひとめ)
「祖父のお墓があるため仙台にはよく行くので、その度に、自然に囲まれた綺麗な場所だなあと感じます。観光スポットに行ったことはほとんどないですが、食べ物やお酒が本当においしいので、行くだけでもわくわくできる魅力が詰まった場所だと思います。」

安倍さん(ゆめ)
「私自身は宮城に行ったことはないですが、友人が宮城で働いているので、よくその友人から宮城の話を聞いています。とにかくご飯がおいしいとか、いい人が多く、自分の地元のような温かさがあると言っていました。私個人が持っているイメージは、やっぱり牛タンです(笑)。いつか、おいしい牛タンを食べにいきたいです。」
 

普段の食生活を教えてください。
NINOさん(ささ)
「和食が好きなので、自炊する料理も和食が中心です。よく作るのは煮物ですね。何より白米がおいしく食べられるメニューが多いと思います。」

安倍さん(ゆめ)
「今は実家から離れて暮らしているので、なかなか食べられませんが、母の手料理が大好きです。どんなに体調が悪かったり、心が落ちこんだりしていても、母の料理を一口食べればすぐに元気になれるので。今の季節だと豚汁が食べたくなるので、最近母から作り方を教えてもらって具だくさんの豚汁に挑戦しました。もちろん白米も大好きなので、毎食食べています。実家にいる時は、ご飯を3~4杯を食べたこともあります(笑)。」

 

読者の方にメッセージをお願いします。
NINOさん(ささ)
「生まれてから26歳までずっと仙台で暮らしてきましたが、離れて生活をしてみて改めて地元の良さに気付くことができました。この動画は、宮城の皆さんに寄り添いたいという想いを持って作ったので、見ている方にその気持ちが伝わったらうれしいです。家族団らんのほのぼのした空間や、おいしそうなご飯がたくさん登場するので、動画を見てほっこりした気持ちになって、みやぎのお米を食べてもらいたいです。」

みはとさん(ひとめ)
「完成した映像を見て、予想以上に素敵な作品になっていたので、とてもうれしく感じています。私たち四姉妹だけでなく、共演した子役のみんなもすごく頑張って撮影をしたので、ぜひその姿にも注目していただき、温かい気持ちになってほしいです。」

安倍さん(ゆめ)
「藤田さんが歌うイメージソングが映像をより温かく演出してくれていると思います。個性的な四姉妹と4つのお米が登場して、いろんな場面に合わせてお米を選ぶ楽しさが描かれているので、見ている皆さんにもみやぎ米を食べわける素敵な暮らしを体験してもらえたらと思います。」

森高さん(いぶき)
「今までお米の種類に興味がなかった方や、玄米に抵抗がある方に見ていただいて、少しでも、みやぎのお米を食べてみたいと思ってもらいたいです。最近、お米を食べない人が増えていて、私の周りでもお米を抜いている友達がいるので、『お米を食べると元気が出て、夢に向かって進む力が湧いてくる』ということを私と同世代の人たちに感じてもらって、この動画がお米を食べるきっかけになったらうれしいです。」

 

●お米は食べわける時代。だから、みやぎ米。

4つのお米には、味の特長やおいしさにそれぞれの個性があります。作る料理や食卓のシーンに合わせて食べわけることで、日々の食生活がさらに豊かになります。日本屈指の米どころとして、江戸時代から日本の食を支えてきた宮城のお米。今一度、そのおいしさを味わいながら、一粒一粒から溢れ出るみやぎ米の歴史と夢を噛みしめてみてください。

 

◆PR動画出演者プロフィール
ささ役:NINO
9月9日生まれ。宮城県出身。モデル・女優・作編曲家・作詞家。
出演作に、森永乳業「マウントレーニア クリーミーラテ」など。

ひとめ役:みはと
1991年2月13日生まれ。東京都出身。女優。
特技はサッカー、フットサル。出演作にドラマ「闇金ウシジマくん Season 3」など。

ゆめ役:安倍 萌生(あべ めぐみ)
1993年4月5日生まれ。山口県出身。女優。
特技はバレーボール、体操、三線。出演作に映画「オオカミ少女と黒王子」など。

いぶき役:森高 愛(もりたか あい)
1998年1月14日生まれ。埼玉県出身。女優。
特技は琴。出演作に映画「兄に愛されすぎて困ってます」など。

 

みやぎ米公式HPはこちら

今回紹介したみやぎ米、どのお米をどんな食べ方で味わってみたいですか?また記事の感想もお待ちしています!

コメントを投稿してくれた方の中から抽選で5名様にマチコイン100枚をプレゼントいたします。
【応募締切】2017年12月12日(火)
【当選発表】当選者へのメール送信をもって発表とかえさせていただきます。