2017年07月25日
コーヒーペアチケットが当たる☆フードも自慢のくつろげるカフェ『BLUE LEAF CAFÉ』をレポート
芳醇な香りと優しい甘さ広がる「山形ラ・フランスガレット」誕生ストーリー(3/30新発売)
 
’16年12月、一番町商店街のど真ん中に出現したスタイリッシュな一軒。店の前を通って、“ここはなんだろう?”と気になっていた人も多いのでは。今までになかったうれしい要素が盛りだくさんの『BLUE LEAF CAFÉ』について、たっぷりとご紹介します。

 

 

おいしいフードに満たされて。街なかでゆったり、自分時間

ぶらんどーむ一番町商店街に、新しいカフェがオープン! 街なかとは思えないほどの広々スペースで、ゆっくりと過ごすことができます。特に話題を呼んでいるのが、一つひとつ手作りするフードメニュー。フレンチトーストやサンドイッチ、スイーツが揃い、昼時にもおやつにもぴったり。出来たてが食べられるのもうれしいポイント。カフェ空間のほか、雑貨販売や2階で楽しめるVR体験など、リフレッシュできそうな刺激も盛りだくさん! ぜひ一度足を運んでみてください。

 

 

自慢のフードをご賞味あれ 

トップに掲載の写真は『BOUL'ANGE』特注パンを厚めにスライスし、シナモン香るアパレイユでもっちり仕上げた人気の「フレンチトースト」。パニーニといった食事系メニューも充実しています。また、季節の味わいを楽しめる期間限定メニューを味わうことも。夏はスパイシーなサンドイッチやフレッシュドリンクでスッキリしましょう。

●「フレンチトースト」(648円)は「ブレンドコーヒー」(M・346円、L・399円)と合わせて

 

 

●(左)岩手県なかほら牧場のミルクは濃厚で上品な味わい。「なかほら牧場ソフトクリーム 2種のベリーパフェ」(626円) 
●(右)夏の季節限定メニュー。「グリル夏野菜とチキンのサンドウィッチ~トマトサルサソース~」(540円)「マンゴースカッシュ」「パインアップルミントスカッシュ」(各540円)※いずれも8月末まで提供 

 

 

広々空間でゆったりと

ブースごとに個性のある席は、一人掛けから10人以上でも使用できる大きなテーブル席まで豊富。席同士の距離が近すぎず、リラックスして過ごせます。また、備え付けの文房具や無料Wi-fiもあるので、作業スペースとしても有効活用できます。

 

 

(左)広々とした店内は、ベビーカーでも入りやすいとママたちに好評 
(右)仕事や勉強にぴったりの一人席も。棚に配された本は、自由に読んでOK

 

シーンに合わせた使い方が可能

 

 

こだわりの雑貨がずらり

併設の雑貨販売スペースでは、“進化”をテーマに約800点をセレクト。仙台ではここでしか手に入らない全国の工芸品や、心くすぐるキュートな文具が揃います。ギフトや季節商品も豊富なので、小まめに訪れれば新たな発見がありそう!最新のガジェットにも注目を。

 

  

●(左)「泡グラス」(2,160円)ほか、涼しげな琉球ガラスが新登場 
●(右)友禅紙を使った「ぽち袋」(3枚セット540円)など

 

 

おいしいフードと広々空間でゆったり過ごしてくださいね。
(左)スタッフ 木村さん、(右)店長 織田さん

 

 

2階にはKDDI直営ショップ『au SENDAI』があり、VRの体験をすることも

 

 

◎ブルーリーフカフェ 
[住所]仙台市青葉区一番町3-8-8 一番町stear1F 
[TEL]022-216-3235 
[営業]10:00~20:00(ラストオーダー19:30) 
[定休日]無休 
[P]契約あり※3,240円以上飲食した人に限る 
[席]108席 [予約]不可 
[予算]600円~ [カード]可  
[子ども]可 [喫]全席禁煙 
[交通]地下鉄東西線青葉通一番町駅より徒歩3分 
[HP]http://blueleafcafe.jp

 

※「Wi-Fi」は、Wi-Fi Alliance®の登録商標です。

『BLUE LEAF CAFÉ』MAP

会場住所 仙台市青葉区一番町3-8-8

Q1.ブルーリーフカフェに行ったことがある? Q2.実際の店舗やこの記事で、どんなところに魅力を感じた? Q3.あなたはどんな時にカフェを使う?教えて

コメントを投稿してくれた方の中から抽選で、コーヒーチケット(ペア)を30名様にプレゼント!

【応募締切】2017年8月24日(木)
当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。