2017年04月01日
なるほどおいしい仙台牛![仙台牛とは]
仙台牛とは

仙台牛のススメ

仙台牛のおいしさの秘密は、実は宮城県が全国有数の米どころであることなんです。 清らかな水で育った稲わらを食べて育ったことで、きれいなサシ(霜降り)が入ります。 また、宮城県は子牛の産地でもあることから、生まれた時からのびのびと丁寧に、約二年半の年月をかけて 育てられます。ふるさとの自然の恵みを身体にいっぱい取り込んで、仙台牛のおいしさは作られていくのです。

仙台牛とは匠のこだわり

 


仙台牛の美味しさのヒミツ

仙台牛といえば…

宮城県に住んでいても、観光のお客様も、真っ先に思い浮かぶのは「牛タン」ですよね。ブランド和牛というと、神戸ビーフ、松阪牛、米沢牛などが有名ですが、仙台牛は全国で唯一A5・B5の格付けだけに限定した超高級牛肉なのです。今度お客様をお迎えしたら、「牛タンもいいけど、仙台牛って食べたことある?」って自慢してみませんか?

 

 

仙台牛とは

黒毛和種であること。
仙台牛生産登録農家が個体にあった適正管理を行い、最長及び最終肥育地が宮城県である肉牛。
仙台牛銘柄推進協議会が認めた市場ならびに共進会等に出品されたもの。
公益社団法人 日本食肉格付協会枝肉取引規格が、A5またはB5に評価されたもの。
肉質・歩留等級表食肉の部位

仙台牛が美味しいのは格付けが最高だから?
もちろんそれだけではありません。仙台牛のふるさとが「米どころ」ということに理由があるようです。

 

イメージ

Q. どんなところで飼育されてるの?

A. 仙台牛の故郷・宮城県は、全国有数の米どころです。清らかな水で育った稲わらを贅沢に食べて、生まれた時から豊かな自然の恵みをからだいっぱいに吸収することで、仙台牛の美味しさは作られています。

 

 

イメージ

Q. やっぱり餌もこだわってるんですか?

A. 霜降り肉の美しいサシは、良質な稲わらをたっぷり与えることで入ります。宮城県の稲わらは、北海道から関東・山陰地方にまで流通している人気商品なのです。そのほか濃厚飼料としてお米を食べさせることにより、不飽和脂肪酸の含有量が向上し、脂の質が良くなると言われています。

 

 

イメージ

Q. 牛肉の安全はどう守られていますか?

A. お客様に安心して食べていただくため、宮城県産牛は厳しい管理のもと全ての牛に対して放射性物質の検査を行っています。また国の法令により、すべての牛は識別番号で管理され、生産・流通・消費までの情報をインターネットで閲覧できます。

 

 

 

匠のこだわり

生産者

宮城県は、1戸あたりの飼養頭数規模は小さいですが、その分1頭1頭に手間暇かけて心を込めて牛の管理をしています。
そして細やかな管理の結果、A5等級の比率は全国トップレベルです。
子牛を約9ヶ月まで育てる繁殖農家、その後約2年間肥育する肥育農家がどんな環境で、どんな思いで、どんなこだわりをもって育てているのか、その匠の技を伺います。

加茂大祐さん(柴田町・繁殖農家)千葉啓さん(登米市・肥育農家)千葉啓克(ひろかつ)さん(登米市・繁殖農家)

 

流通・小売

丁寧に手間暇かけて育てられた牛たちは、食肉卸売市場・小売店を経て、私たちのもとに届けられます。
仙台牛の濃厚な味わいを知り尽くし、国内外のお客さまから「美味しかった」の声を直接いただく立場から、仙台牛にかける想いを語っていただきました。

佐藤宏さん(仙台食肉買参事業組合専務理事/株式会社マルイ代表取締役社長)加藤英子さん(仙台市・「すき焼割烹かとう」女将)

 

トップページへもどる